人気ブログランキング |

ブログトップ

カテゴリ:国際バラとガーデニングショウ( 54 )

バラといえば、やっぱり赤ですかね~。レッド系です。

◆ロージ クリスタル
e0128322_1154139.jpg

花びらがクリスタルのように輝いて見える!?

◆プレイガール
e0128322_119419.jpg

う~んプレイガールって言うの何となく分かるかも。プレイボーイもあります。

◆ホットココア
e0128322_1215020.jpg

e0128322_1224616.jpg

e0128322_1235598.jpg

今回のレッド系のバラで一番印象的でした。色合いが何ともいえず温かい。

続いて、バイオレット系です。

◆マダムヴィオレ
e0128322_1262453.jpg

切花部門は期間中毎日グランプリが決まります。
この日の切花部門のグランプリでした。
花だけでなく、葉や丈、花くび、トゲに至るまで厳正な審査がなされるそうです。素晴らしいですね。

◆ラプソディ イン ブルー
e0128322_1301558.jpg

吹奏楽をやってた(打楽器ですが…)私にとってはなんとも懐かしい響き。
この曲好きです~。「のだめ」好きな方も知ってますよね。
話はそれましたが、この深い色合いも中々良いですね。

◆シュネーコッパ
e0128322_1402966.jpg

こちらはとっても控えめでお上品な色ですね。
by RoseHeartCafe | 2008-05-28 01:41 | 国際バラとガーデニングショウ

それでは、微妙な色加減が素敵なアプリコット&ブラウン系です。

◆アンブリッジローズ
e0128322_18222022.jpg

うっすらアプリコット。花の外側に行くにしたがって花びらの色が薄くなっています。

◆タモラ
e0128322_18281765.jpg

こんな感じがすごく好き~。

◆スイート ドリームス
e0128322_1835652.jpg

ホントにこんなバラに囲まれて寝たら甘い夢が見られそう☆

◆ルイーズ クレメンツ
e0128322_18311667.jpg

とっても綺麗なアプリコット色。見事なまでのロゼット咲きです。

◆ディスタント ドラムス
e0128322_18444184.jpg

外側がやや紫味を帯びていてクラシカルな雰囲気です。

◆ジュリア
e0128322_18483280.jpg

お花屋さんでも良く見かける、とっても人気のあるバラですよね。
私も大好きです。アンティークなアレンジには欠かせません。

◆ハニーディジョン
e0128322_1850235.jpg

こんなにブラウンが濃いバラは初めて見ました。ちょっと赤いところがあるのがポイントかな?

ちょっとしたバラ図鑑ができそうになってきました。
by RoseHeartCafe | 2008-05-25 18:57 | 国際バラとガーデニングショウ

ピンク系の続きです。

◆ロマンティック エンジェル
e0128322_17341399.jpg

フリフリの花びらが可愛らしいですね。外側のグリーンのラインがポイントです。

◆ジュリ ポールセン
e0128322_17381556.jpg

ピンクの方です。これもバラなんですね~。

◆ウィリアム モーリス
e0128322_17455028.jpg

ふんわり、ひらひら。

◆ローゼンドルフ シュパリースホップ
e0128322_17505994.jpg

舌を噛みそうなネーミングですね。ひらひら加減がアートです。

◆アブセント フレンズ
e0128322_1845989.jpg

花びらが縦にカールしてる~。

◆ジュビリー セレブレーション
e0128322_1873473.jpg

スゴイ数の花びらですね。エリザベス女王即位50周年を記念して命名されたそうです。

◆デザート アイランド
e0128322_18102466.jpg

魅力的なネーミング~。甘いのかな?(笑)。とっても綺麗なピンク色。

お好みのバラはありましたか?
by RoseHeartCafe | 2008-05-25 18:14 | 国際バラとガーデニングショウ

もう1週間も経ってしまいましたが、やっと記事UPです~。
3年前に初めて行ってから毎年楽しみ。今年は10周年記念だそうです。
今回も沢山のバラに癒されてきました。
ガーデニングも毎年レベルアップしてるように思います。
昨年あたりから、雑貨屋さんの出展も多くなり、こちらも楽しみの一つになりそうです。

今年は色別に写真を整理してみました。
バラってネーミングも素敵なものが多くて、覚えられたら良いなと思って、花の写真とともに名札の写真も撮っています。

オールドローズ、モダンローズ、イングリッシュローズなどバラにはいくつかの系統があるのですが、私はイングリッシュローズのコロンとした姿に淡い色の感じがすごく好きだな~と思います。
写真も知らず知らず、イングリッシュローズが多くなっていました。
イングリッシュローズとはオールドローズとモダンローズのいいとこ取りをした品種で、デビッド・オースチンさんが創始者。香りの良い四季咲き性で、病虫害にも強いということで、初めてバラを育てる方にもオススメなんだそうです。
私はもっぱら観賞専門ですが、「デビッド・オースチン バラのハンドブック」が200円だったので、買ってしまいました。住所を書いてきたので、来年以降は自宅に送ってくれるそうです。
200円にしては綺麗なイングリッシュローズの写真が沢山載っていて、各種の細かい情報も分かるので見ていて飽きな~い。バラが欲しくなってしまいますよ。

それでは、最も多かったピンク系からご紹介。
(多少のピンボケはお許しを~)

◆セプタード アイル
e0128322_4235653.jpg

ドーム内にデビッド・オースチンのローズアベニューが登場。たくさんのイングリッシュローズがバラの小道を作り出していました。ここを通るといい香りがあちこちからしてきます。
こちらは切花部門のところにあった、同じ種類のもの。
e0128322_4282840.jpg


◆ヘリテージ
e0128322_4292589.jpg

こちらもイングリッシュローズ。後で調べたらフルーツの香りと書いてあって、もっと香りも堪能してくれば良かったなと思いました。

◆ほんのり
e0128322_4321413.jpg

ネーミング通り、ほんのりピンク。

◆グルス アン アーヘン
e0128322_4341479.jpg

こちらはモダンローズ。この枝変わり品種が↓

◆ピンク グルス アン アーヘン
e0128322_4354952.jpg

美しい~

◆ヨハン シュトラウス
e0128322_4364974.jpg

かの有名なウィーンの音楽家の名前がついたバラ。
ワルツを聴きながらバラを愛でるのも良いですね♪~
by RoseHeartCafe | 2008-05-25 04:39 | 国際バラとガーデニングショウ